REPORT | アロマ女子大 | 星座おまもり学科







2017年3月11日 
日本アロマ環境協会主催 アロマ女子大「星座おまもり学科」 担当させていただきました

日本アロマ環境協会 http://www.aromakankyo.or.jp/
アロマ女子大    https://www.aromakankyo.or.jp/lp/aromacollege/




遠くて行けなかった。抽選に落ちてしまった。と、お声をいただきましたので
講義の内容から「12星座とアロマの関係」を抜粋してお届けしたいと思います








占星術には「成長する12星座」という考え方があります

春のはじまりであり、占星術では1年のはじまりでもある
春分が起点の、おひつじ座からうお座に向けて成長する12星座

成長しているから、よいとか悪いとかではありません
それぞれの星座には、それぞれの特徴と良さがあります

12星座の成長を軸に、身体や惑星について少し触れながらお話しさせていただきます



【おひつじ3/214/19


おひつじ座は生まれて間もない、あかちゃんのような星座です
新しい世界に興味津々。怖い、出来ないという感情が芽生える前なので
いろんなことに挑戦していける、力強い星座です
そんな、おひつじ座には、刺激を与え、始める力を高めてくれる「種」の精油
「ブラックペッパーおすすめ
「種」は植物のあかちゃん。内側に秘めたエネルギーを殻を破って外に打ち出します
また、12星座は、頭から足の先に向けて順番に体の各部位を守護しているという考え方があります
頭部に当たるおひつじ座には、頭をすっきりとクリアにするローズマリー」もおすすめです



おうし座4/205/20


おひつじ座の赤ちゃんが少し成長をしました。というのが「おうし座」
赤ちゃんは少し成長をすると、周りにあるものに手を伸ばし
感覚を確かめるために、口に運びます
ですので、おうし座は食いしん坊ともいわれますが
感覚を確かめるところから、五感に優れるといわれ、心地よさを大切にする星座です
守護星は「金星」女神ビーナスの星です。美しさの象徴。植物で女性性といえば「花」
ローズ「イランイラン」は、女性特有の不調をサポートする花から採れる精油
花びらが開くように、心をひらき、ゆったり心地よい時間を過ごす
おうし座におすすめの精油です



ふたご座5/216/21


おうし座のあかちゃんが成長して学校にはいりました。というのが「ふたご座」
入学したので、勉強が始まり、友達もできて、いろんな話を聞き学んでいきます
頭の回転が早く、情報収集に優れ、流行に敏感、行動も身軽なふたご座には
ペパーミントの軽やかな香りがぴったり
「ペパーミント」は、ふたご座が守護している「肺」など
呼吸器系の働きも高めてくれる精油です
また、マルチタスクが得意で、手先が器用なふたご座には
集中力を高める「レモン」もおすすめ
レモンイエローは、ふたご座を象徴する色でもあります



かに座6/227/22


学校に行ったふたご座が、放課後になり家に戻ってきました。というのが「かに座」です
かに座は、家、家族、仲間、母性など、強い絆と愛情の象徴
家族や仲間を守ることを大切にしているかに座ですが
初対面や初めての場所、馴染みのないものが苦手なところがあります
そんな時、ありのままの自分を受け入れるカモミール・ローマンは、かに座を助けてくれるでしょう
また、かに座には、夜に強い芳香を放つ「ジャスミン」もおすすめ
夜に現れる「月」はかに座の守護星
月が満ち欠けするように、感情が高ぶったり落ち込んだりしやすい
かに座の心をやさしくなだめてくれます



しし座7/238/22


家に帰ったかに座が、リビングで踊り、お風呂で歌いだします。これが「しし座」
楽しいことが大好きで、表現力と創造力に富んだしし座におすすめなのは
太陽の缶詰といわれる果実のオイル「オレンジ・スイート」
しし座の守護星は「太陽」
太陽系の中で、唯一、自ら光を放つ天体なので、どこにいても目立つ存在!
そして、火のエレメントで不動宮。これは消えない火「情熱」を表すので
光のたくさん詰まった「オレンジ・スイート」は、その資質にさらに輝きを与えてくれると思います
また、子供のような無邪気さをもつ、しし座にはお菓子のような甘い香り「ベンゾイン」もおすすめ
考えすぎを手離し、不安を安心に変える香りです



おとめ座8/239/22


お風呂で大きな声で歌って、ご近所に聞こえなかったかしら?と、反省するのが「おとめ座」です
自分を振り返り、分析し整理整頓。几帳面であらゆることに気が付きます
この人に何が必要なのか?今、どんなふるまいをしたらいいのか?
人と人や、場の調整能力を持つおとめ座には
繊細な気持ちをなだめてくれる「ラベンダー」がおすすめ

もうひとつおすすめするのは「マージョラム」健胃作用のある精油です
おとめ座が守護している体の部位は「胃」
いろんなことに気付き心配事をかかえやすく、人前に出るのが苦手な
おとめ座の緊張を解く「マージョラム」は、おとめ座を助けてくれる香りです





ここまでで、星座を6つご紹介してきました
12星座のちょうど折り返し地点です

ここまでの星座のテーマは、自分・内面です
ここからは、他者・社会との関りがテーマとなってきます

これまでの、〇〇さん家の△△ちゃんね。と認識されていた世界が広がって
経歴を話して、自分を受け入れてもらう人との関係に発展していきます





てんびん座9/2310/23


おとめ座で自分を完結させて、人(社会)と出会う初めての星座が「てんびん座」で
ちょうど就職するようなイメージ
はじめて人と出会うので人が大好きな、てんびん座
おうし座と同じく、守護星が女神ビーナスの星「金星」なので
美しいモノが好きなのは同じなのですが
他者の目が加わることで、天秤の形に表されるようにバランスの良さ
センスの良さが磨かれ、華やかな星座です
そんな、てんびん座におすすめなのは、皮脂のバランスを整えるゼラニウム
肌のターンオーバーを促す「フランキンセンス」
どちらも美肌効果が期待される精油です



さそり座10/2411/22


てんびん座でたくさんの人を知り、その中からこの人とはもっと深く繋がりたい
と願うのが「さそり座」です
これは人に対してだけではなく、仕事や趣味にも生かされます
一点集中、何事にも掘り下げる力を持つさそり座は
時に極める力が行き過ぎて、白黒つけようとしてしまいます
そんな、高まってしまった気持ちを鎮めるサイプレスは、さそり座を助ける香り
また、洞察力に長け、相手の考えていることを察する力を持つさそり座には
「パチュリ」もおすすめ
さそり座が守護する「生殖器」のある第一チャクラを温め、安定感をもたらします
大切な相手との親密な時間を彩る香りは、本当に心許せる相手にだけ本音を話せる
さそり座の香りです



いて座11/2312/21


人との深いつながりを学んださそり座は、今度は高みの世界へ向けて冒険にでかけます。それが「いて座」
いて座は、弓矢を持った半身半馬の星座
矢は下に打ちません。上に向かって、しかも遠いところ、手の届かないところに向けて射られます
また、打った矢は戻ってこないことから、自由でおおらかな人が多いと言われます
今ここではない、遠くへ意識が向かうところから、海外に興味を持つ人
哲学、心理、宗教などに関心を持つ人も多いを言われます
知的好奇心が旺盛で、知らない世界を目指すいて座には、
抑えている感情を開放し、背中を押してくれる「メリッサ」がおすすめ
また「ベルガモット」も気持ちを楽にし、エネルギーの循環を促すのでおすすめです



やぎ座12/221/19


いろんな世界を見てきたいて座は、いよいよ社会を築きます。それが「やぎ座」です
山羊は元々、高い山の上に暮らしています
険しい斜面でも暮らすことのできる山羊は、厳しさに打ち勝つ強さを持っています
物事を俯瞰して捉え、誠実で堅実、地に足をつけて生きるやぎ座に
根から抽出し、大地の香りを感じる「ベチバー」がおすすめ
そして、やぎ座の守護している身体の場所は「骨」。身体を支える柱です
植物で表すと骨は樹の幹のような存在
やぎ座の守護星「土星」は、公転周期が長いことから人生を支える柱ともいわれ
成長に時間のかかる樹木の多くが、土星に守護されています
「サンダルウッド」は、樹の心材から採れる精油
忙しさやいろんな情報で、自分を見失った時に、自分自身の中心軸に戻してくれる香りです



みずがめ座1/202/18


やぎ座で出来上がった社会をよりよくするために、スクラップ&ビルドするのが「みずがめ座」です
今ある社会の、少し先、近未来を担う星座
新しい考え方や奇抜なものに心惹かれる、個性派です
一度出来上がったものを、壊してしまうので、変わり者ともいわれますが
その願いは、よりよく平和にするため。ボランティアなど駆け引きのない世界を目指します
人間関係においても公平
誰かに肩入れすることなく、個と個の関係を尊重するので、時にクールとも言われます
そんな、今ないものを生み出す力をもつ、みずがめ座には
意識を解放する「ユーカリ」と、インスピレーションを与える「ネロリ」がおすすめ
新しい発想を生み出し、個性を引き出す香りです




うお座2/193/20


いよいよ最期の星座「うお座」です。水瓶座の近未来を超え、向こうの世界へ還る一歩手前
これまでの出来事を、すべて引き受ける優しさをもつ星座です
守護星「海王星」は海を表す天体
押しては返す波のように、境界をぼやかし、イマジネーションを広げる力を表します
想像力に富み、芸術的センスに長け、傷を負った人を癒す星座
周りを引き受けすぎるところがあり、自分に迷いを感じやすいので
心を穏やかにし、自分の本質に近づくサポートをしてくれる「ミルラ」がおすすめ
また、生命の生まれた場所「海」と同じく、子宮は次の生命の揺りかごのような存在
その繰り返される命の営みを感じる、子宮をサポートする「クラリセージ」もおすすめです




以上
当日の講義では時間の関係上、半分くらいしかお話できませんでしたが
ここに書き記したものでも、まったく足りることはありません


星の世界も、香りの世界も、とても奥が深く
どれだけ時間があっても、語りつくすことはできません
そして、星から気づく自分、香りから気づく自分も、同じように奥が深く
どれだけ時間があっても、知り尽くすことはできません

星や香りという鍵をつかって、自分の世界の扉を開くことは、その第一歩

当日つくっていただいた「貝のおまもり」は、星座と直感から選んだ香り
きっと、あなたの扉を開く鍵になってくれると思います


これからも、一緒に学びを続けていけますように




講座にご参加くださった皆様、アロマ環境協会の皆様、当日会場でお世話になった皆様
本当に、ありがとうございました


アロマ女子大のサイトでも、写真付きでレポートが掲載されいます
ご覧いただけましたら幸いです

アロマ女子大 https://www.aromakankyo.or.jp/lp/aromacollege/